産毛について

産毛は一本一本は細くて薄いのであまり目立たないように見えますが、実は結構目立っています。

 

顔の産毛や手の指、背中、うなじなど細くて見られにくいと思われていても結構人に見られているのです。

 

脱毛サロンの脱毛は、「光脱毛は産毛に対しては効果がない」という話をたまに聞きます。

 

脱毛サロンの光脱毛や医療クリニックのレーザー脱毛はムダ毛のメラニン色素に反応して毛根にダメージを与える方法なので、色素が薄い産毛には反応しづらいのです。

 

では、実際の所、産毛の脱毛は本当に効果がないのでしょうか?

 

このページでは、そんな産毛の脱毛に関して詳しく解説していこうと思います。

 

 

産毛の脱毛はできない?

結論から言えば、産毛はぴったりの脱毛器や脱毛サロンを選べば脱毛する事はできます!

 

しかし、産毛に対してあまり効果が期待できない脱毛器を使用している脱毛サロンもあるので、全ての脱毛サロンで産毛脱毛ができるというわけではありません。

 

その為、通いたい脱毛サロンが産毛に対しても効果があるのかを必ず確認する必要があります。

産毛脱毛のメリット

産毛に悩んでいる人のほとんどは顔や背中、うなじの産毛だと思います。

 

その中でも特に顔は一番人に見られる所なので、できればキレイにしておきたいですよね。

 

では、顔の産毛を脱毛するとどういうメリットがあるのかというと、それは以下のようなものが挙げられます。

・肌が明るくなる
・光が反射した時、キレイに見える
・ニキビや吹き出物などができにくくなる
・化粧水、ファンデーションなどがなじみやすくなる

肌が明るくなるため、肌がきれいに見える

産毛がなくなる事で、肌は1トーン明るくなると言われています。

 

細くて薄い産毛ですが、密集する事で顔の肌をくすんだように見せてしまうのです。

 

しかし、産毛を処理する事で肌の透明度が上がり、全体的に明るい印象を与えてくれます。

ニキビやふきでものができにくくなる

産毛の脱毛をする事で毛穴が引き締まる事になるので、ニキビや吹き出物ができにくくなります。

化粧水やファンデーションがなじみやすくなる

産毛がある事で汗や皮脂を留めてしまい、ファンデーションが浮いてしまうので、メイクが崩れやすくなってしまいます。

 

しかし、産毛がなくなる事で、化粧水やファンデーションが肌表面に浸透しやすくなるので、メイクが崩れにくく長持ちするのです。

全体的に肌の印象が明るくなるので、肌がキレイになった印象を与える事ができるのがメリットです。

さらに顔の悩みも解決できるので、一石二鳥になります。

 

産毛脱毛のデメリット

産毛の脱毛をする事で得られるメリットはたくさんありますが、デメリットもあります。

・硬毛化してしまい、元の産毛よりも濃くなってしまう可能性もある
・ムダ毛が濃い部分に比べると時間や回数がかかる
・紫外線のダメージを受けやすくなる

硬毛化してしまう

硬毛化というのは、産毛を脱毛する事で元の細い毛よりも太く濃くなってしまう現状の事です。

 

増毛化、多毛化といわれることもあるのですが、毛の本数は遺伝子レベルで決められているので多くなることはありません。

 

ただ、普段毛が生えていないような箇所が毛穴が活性化されることで生えてくるようになってしまう場合もあるので、増えたように見えてしまうのです。

産毛脱毛は時間がかかる

産毛は他のムダ毛と違い、毛自体が薄くて細い為、脱毛完了までには結構な時間がかかってしまいます。

 

通常12回程度でムダ毛の脱毛はほぼ完了するのですが、産毛の脱毛は同じだけ効果を実感するのに16回以上はかかります。

紫外線のダメージを受けやすい

産毛の脱毛した後の肌はデリケートです。

 

今まで産毛によって守られていた肌は、脱毛をする事でむき出しになってしまうので、バリア機能がなくなってしまいます。その為、紫外線のダメージを直に受け続けてしまうので、軽いやけどを起こしてしまったりします。

 

特に脱毛直後は一番肌が敏感になっているので気を付ける必要があります。

 

産毛の脱毛で効果が実感しずらいのはなぜ?

産毛の脱毛の効果が見えずらいのは、他のムダ毛と比べて毛自体が薄く細いという以外にも以下のようなものが挙げられます。

・脱毛器の調整が難しい
・毛が生えてくる毛周期が他のムダ毛より遅い

脱毛器の調整が難しい

脱毛サロンで使用される脱毛器は、メラニン色素に反応して毛根にダメージを与えていく脱毛法です。

 

その為、わきやVIOなどの濃いムダ毛に対しては脱毛器の熱量を低く設定しても効果が出ます。しかし、顔や背中などの産毛は色素が薄いので効果が出にくいのです。

 

産毛のような薄い毛に対しては高い熱量で脱毛をする必要があるのですが、熱量を上げると肌自体にダメージを与えてしまうリスクがあります。

 

顔などの肌が薄くデリケートな部分は、効果が出るようにしつつ肌へのダメージを軽減させないといけません。その為、効果よりも安全面を考慮して、熱量を下げて炎症などの肌トラブルを避けるようにしないといけないのです。

 

このことから、産毛の脱毛は他の部位に比べて効果が実感しづらいのです。

毛周期が他のムダ毛よりも遅い

ムダ毛には2種類存在します。今表面に生えているムダ毛と、肌の中に眠っているムダ毛です。この中で光脱毛が効果を発揮するのは表面に生えているムダ毛のみになります。

 

毛が生えてくる周期が他のムダ毛よりも遅いという事は、表面に出ていないムダ毛が表面に出てくるまでには時間がかかってしまいます。その為、脱毛効果を発揮するタイミングも他のムダ毛よりも遅くなってしまうという事です。

 

このような理由から産毛の脱毛は他のムダ毛よりも効果の実感に時間がかかるのです。

 

産毛脱毛は光脱毛とレーザー脱毛とではどっちが効果がある?

光脱毛とレーザー脱毛の大きな違いは以下の通りです。

・光脱毛
複数の波長を含んだ光を広範囲に照射する
・レーザー脱毛
単一の波長の光を集中的に熱を集めて照射する

一概にどちらが産毛に効果的...とは言えず、それぞれ各脱毛サロンで使用している脱毛器によって変わってくるのです。

 

中には産毛に対して効果が薄い脱毛器もあるので、それぞれの特徴をしっかりと確認しておきましょう。

 

では、光脱毛とレーザー脱毛のそれぞれの特徴を解説していきます。

光脱毛の特徴

光脱毛の種類 産毛への効果 脱毛サロン
SSC脱毛 産毛への脱毛効果はあるが、高くない。

ミュゼプラチナム
脱毛ラボ

IPL脱毛 産毛への脱毛効果はあるが、高くない。 銀座カラー
スーパー脱毛(美容電気脱毛) 産毛に対しても効果がある。 TBC
冷光ヒアルロン酸スーパー脱毛 産毛に対しては効果の期待が困難。 ジェイエステティック

SSC脱毛

SSC脱毛は、M.S.クリプトン、P.S.クリプトンを使用した光脱毛です。

 

抑毛効果のある専用のジェルを使用して脱毛をしていく方法です。ジェルには抑毛効果があり、光を当てる事でジェル内部の有効成分が肌に溶け出し、浸透する事で抑毛効果を発揮します。

 

IPL脱毛のようなメラニン色素に反応して直接毛根にダメz−を与える脱毛とは違い、ジェルの効果で抑毛をしていくので、産毛であっても効果を発揮する事ができます。

 

さらに、直接光を当てているわけではないので、肌に負担をかける事なく、痛みはほぼ感じません。ただ、脱毛効果は他の脱毛方法に比べるとそこまで高くないので、実感するまでにはある程度時間がかかります。

 

ミュゼプラチナムはこちら
↓↓

 

脱毛ラボはこちらから
↓↓

IPL脱毛

IPL脱毛とは「インテンス・パルス・ライト」の略で、ムダ毛に含まれている黒いメラニン色素に反応して毛根にダメージを与えていく方法になります。

 

レーザー脱毛と同じ方法で脱毛をする為、ムダ毛の濃い箇所には高い効果を発揮しますが、産毛への効果はそこまで期待ができません。

 

光脱毛の中では最も一般的な脱毛方法で、多くの脱毛サロンで導入されています。

 

しかし、IPL脱毛はレーザー脱毛に近い効果が得られ、太くて濃いムダ毛に関してはSSC脱毛よりも高いと言えます。

 

IPLはフォトフェイシャルに使われることがある為、コラーゲンの生成を活性化させてくれ、美肌効果があります。

 

銀座カラーはこちらから
↓↓

 

IPL脱毛とSSC脱毛の特徴

IPL脱毛とSSC脱毛は脱毛サロンでもっとも使われている脱毛方法になります。

 

その為、それぞれの違いを表にまとめてみました。

脱毛方法 IPL脱毛 SSC脱毛
光の種類 キセノンランプ クリプトンライト
脱毛の仕組み ムダ毛を毛根から破壊 ジェルの効果で抑毛
ジェルの有り無し 冷却ジェルを使用する事もあれば使用しないこともある 有効成分入りのジェルを使用
痛みの有り無し 輪ゴムではじかれたような痛み ほぼ感じない
施術のスピード 両わきの脱毛だけで5分 両わきの脱毛だけで3分
肌へのダメージ 毛根を破壊するため施術後に多少の赤みが出る 肌への負担はほぼない

 

美容電気脱毛

美容電気脱毛は、唯一永久性が認められている脱毛方法になります。

 

プローブと言われる針を毛包に挿入し、先端から微弱の電流を流すことで発毛機能を低下させる方法になります。

 

美容電気脱毛は、産毛に対して一本一本アプローチする事ができる為、毛の濃さは関係ありません。

 

その為、確実に効果を得る事ができるのです。

 

美容電気脱毛には主に3種類の方法があります。

・電気分解法
・フラッシュ法
・ブレンド法

電気分解法

電気分解作用を利用して脱毛をしていく方法です。毛穴の奥の毛包内で水酸化ナトリウムを発生させて、毛乳頭や毛母細胞を破壊して脱毛をしていきます。

 

ムダ毛1本にかかる処理時間は60秒〜80秒ほどで、電気脱毛の中では一番時間がかかる方法になります。

 

この方法は3種類の中では一番技術力が必要になるので資格をもつクリニックや病院でしか受ける事ができません。

フラッシュ法

毛穴の奥で高周波を発生させ、その時の熱を利用して毛包を破壊する方法です。

 

高い出力のフラッシュ法と出力の低めなマニュアル法の2種類があります。

 

3種類の中では一番時間がかからず、技術力もそこまで必要がありません。その為、脱毛サロンで採用されている方法になります。

 

ムダ毛1本あたりの施術時間は1秒以下なので、処理スピードも高いです。

ブレンド法

電気分解法とフラッシュ法の良い部分を組み合わせたのがブレンド法です。

 

ブレンド法は、現在脱毛サロンで最も多く採用されていいます。

 

脱毛サロンでは電気分解法は使用できません。しかし、フラッシュ法は脱毛サロンでも扱う事ができます。

 

フラッシュ法は電気分解法よりも脱毛効果は高くないので、両方の良い所を合わせたような方法です。

 

TBCはこちらから
↓↓

 

レーザー脱毛の特徴

レーザーの種類 産毛への効果
アレキサンドライトレーザー メラニン色素に対して反応するレーザーである為、産毛への効果は他のレーザーよりも低い。
ダイオードレーザー 産毛への脱毛効果が一番高いレーザー。産毛の脱毛をレーザー脱毛で行うならこれがおすすめ。
ヤグレーザー 産毛への脱毛効果はアレキサンドライトレーザーよりも高く、ダイオードレーザーよりもやや劣る。
複合機 ヤグレーザーと同じだけの効果な為、産毛への効果はアレキサンドライトレーザーよりも高く、ヤグレーザーよりも低い。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは光脱毛と同じようにメラニン色素に反応して脱毛をしていく脱毛方法です。

 

厚生労働省に認定されている為、安全性がとても高く、医療レーザー脱毛の中では最も一般的なレーザーになります。

メリット

・永久脱毛レベルの効果が期待できる
・照射直後に冷却するため、痛みを緩和できる
・美肌効果が期待できる

アレキサンドライトレーザーは、ダイオードレーザーやヤグレーザーに比べて脱毛効果が特に高いです。特にわきやVIOなどの毛が密集している箇所には高い効果が期待できます。

 

照射した直後に冷却ガスを噴射するため、高い出力に設定して脱毛をしても肌に大きな負担がかからないので高い脱毛効果が期待できます。

 

また、アレキサンドライトレーザーはフォトフェイシャルにも使用されるレーザーである為、シミやそばかすを薄くしたり、毛穴を引きしめる効果が期待できます。その為、美肌効果があるのです。

 

さらに、アレキサンドライトレーザーの光は肌のコラーゲン生成を促進させる効果があり、肌のターンオーバーが速くなるのです。

デメリット

・産毛や白髪には効果が薄い
・日焼け肌、地黒には照射ができない

アレキサンドライトレーザーはメラニン色素に反応するレーザーである為、メラニン色素の薄い産毛には効果が期待できません。ただし、全く効果がないわけではない為、回数を重ねる事である程度の効果が出ます。

 

日焼けした肌や地黒の肌に関しては、産毛とは逆に肌自体にレーザーが過剰に反応してしまう為、火傷などのトラブルなる可能性があるので、照射する事ができません。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、半導体を使用したレーザーで脱毛をしていく脱毛方法です。

 

波長が800〜940nmなので、医療レーザーの中でもかなり長い方なので、皮下組織にまでダメージを与える事が可能です

メリット

・日焼け、地黒でも施術が可能
・肌に優しく敏感肌でも施術が可能
・照射口が広い為、打ち漏れが少ない

ダイオードレーザーもアレキサンドライトレーザーと同じメラニンに反応するレーザーを使用していますが、波長が異なります。

 

さらに、与えるダメージの場所も異なり、アレキサンドライトレーザーの場合は毛根に対して働きかけますが、ダイオードレーザーは発毛因子のバルジ領域に対して働きかけます。

 

毛根のメラニンに対して働きかけるわけではないので、痛みがとても少なく、日焼けした肌や産毛に対しても効果が比較的出やすいと言われています。

デメリット

・美肌効果は期待できない
・ムダ毛の抜けるスピードが少し遅い
・ジェルを使用する機種が多く、不快感を感じる事がある

レーザー照射により美肌効果は皮膚表面のメラニン色素などにレーザーが反応するためです。

 

アレキサンドライトレーザーの場合は、皮膚表面のメラニン色素に対して反応するため、美肌効果が期待できるのですが、ダイオードレーザーの場合はさらにその奥の皮下脂肪に対して効果を発揮するため、表面にあるシミや黒ずみはあまり効果がありません。

 

ただ、ムダ毛がなくなる事で毛穴がなくなり、きめ細やかな引き締まった肌を手に入れる事はできるので、全く美肌効果がないという事はありません。

 

ダイオードレーザーは接触照射タイプのレーザーになります。接触照射は肌に当てて滑らせるタイプのレーザーの事で、滑りを良くするためにはジェルを塗る必要があります。

 

このジェルは「ぬるぬるして気持ち悪い」「施術後にふき取るのが面倒」と感じる人が多いです。また、冬場は身体が冷える為苦手と考える人もいるので、デメリットと感じる人が多いと思います。

 

しかし、ダイオードレーザーを使用する脱毛器には吸引式でジェルを使用しないものもあるので全部にジェルを使用するというわけではありません。

ヤグレーザー

アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーよりも波長は長く、1064nmあります。

 

その為、肌表面のメラニンの影響をほとんど受けずに脱毛する事ができるので、日焼けした肌にも使用する事ができます。

 

その為、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーでは効果の実感に時間がかかるわきやVIO脱毛にとても適しているレーザーであるといえます。

メリット

・濃いムダ毛に対しての効果が高い
・産毛の脱毛もできる為指や顔もキレイに脱毛できる
・日焼けや地黒の肌でも問題なく脱毛できる
・美肌効果が高い

ヤグレーザーはレーザー脱毛の中でも一番波長が長い為、VIOなどの濃いムダ毛に対しての効果が特に高いです。

 

レーザーが皮下組織の奥の毛根にまでダメージを与える事ができるので、今まで効果の実感に時間がかかっていた箇所の脱毛にしっかりと働きかける事ができます。

 

また、波長が長いことでメラニン色素の薄い産毛であっても皮下組織の奥の毛根にダメージを与える事ができるのでしっかりと効果を発揮する事ができます。

 

ヤグレーザーは美容皮膚科のシミやそばかすの傷跡除去に使用されることがあるレーザーなので、美肌効果も期待できます。

デメリット

・痛みが特に強い
・施術後、赤みが出る事がある
・導入しているクリニックが少ない

ヤグレーザーはレーザー脱毛の中でも特に痛みが強い為、VIOやわきに痛みを感じやすい人にはお勧めできません。

 

また、ヤグレーザーは施術後に赤みが強く出てしまう事があります。ヤグレーザーの場合は、冷却ジェルを塗らない為、場合によっては軽く炎症を起こしてしまう事があるのです。

 

ただ、数時間程度で治まるのでそこまで心配する事ではないですが、敏感肌の方や極端に肌が弱い方は特に注意が必要になります。

福井でレーザー脱毛が受けられる医療クリニック

クリニック名 住所 電話番号
大名町スキンクリニック「福井レーザーセンター」 福井県福井市大手3丁目7-1 繊協ビル2F 0776-22-8803
神野美容形成外科クリニック 福井県福井市順化1-13-18 0120-73-0012
メディカルビューティセンター 福井県福井市大手3-7-1 繊協ビル2F 0776-22-8816
にしむら皮フ科クリニック 福井県福井市木田3丁目2605番 0776-36-4112

 

まとめ

このページでは産毛は脱毛する事ができるのかどうかを詳しく解説しました。

 

産毛がなくなる事で毛穴は目立たなくなり、肌がキレイに見えたりするなどの美肌効果が期待できます。

 

しかし、その反面、産毛はわきやVIOなどの太い毛よりも脱毛が難しく、硬毛化や増毛化などのリスクがあるので注意する必要があります。

 

産毛は、脱毛効果が期待できる脱毛器とあまり期待できない脱毛器があるので、通う前に必ず確認しておくことが大事になります。

 

産毛の脱毛は効果の実感までに時間がかかる分、クリニックやサロン選びが重要になります。脱毛サロンによっては産毛に対して効果があまりない脱毛器を使用している場合もありますので、予め確認しておくようにしましょう。